世界一笑えるブログ

広島出身。早稲田大学在学。世界一のブロガー、起業、マンガ家めざしてます。このブログのことを「世界一ブログ」と名付け、毎日笑えるブログを書いていきます。

やりたいことをやり始めたら途端に人生が輝き出した話。

f:id:yamamotosyouya:20170714103957j:plain

皆さん、やりたいことできていますか?

 

自分の趣味や好きなことに集中できる時間はありますか?

 

僕は、最近YouTuberを始めました。

始めたきっかけは人気YouTuber「ヒカル」の動画を見てのことでした。

「面白い動画って見てもらえるんだな。」

彼の動画を見て、率直にそんな印象を抱いたのを覚えています。

 

 というのも、それまでのYouTuberってYouTuberという職業が出来上がって間もない頃、「顔出し」という当時では考えられもしないリスクを背負った者だけが、YouTuberとして食べていける。既得権益みたいなものだと思っていました。

 しかし、「ヒカル」が顔出ししてYouTuberとして活動し出したのが約1年前。YouTuber界では圧倒的新参であります。

 

 そんなYouTu部の1年生、「ヒカル」が祭りくじの動画でバズって、それからYouTube界の新星として、数多くの視聴者に彼の動画が見られたことは言うまでもありません。

新規参入者でも、面白い動画って見てもらえるんだ!

彼の登場、そして活躍は僕にとって希望でした。

 

 僕がそれまで抵抗があった顔出しをしてまで、YouTubeに動画を投稿しようと思ったのはそれからです。

 自宅でカメラの前で話すだけの動画もあれば、赤い車だけで東京から大阪までヒッチハイクをしたり、、

 特に赤い車縛りヒッチハイクでは、外国人(男)とキスしたり、夫婦喧嘩の最中の車に乗せてもらって僕が仲直りさせたり、なんかもーすげー撮れ高の動画が出来ちゃいました(笑)

 

下は実際に僕が顔出しして、youtubeに投稿した動画。

 

www.youtube.com

 

次は記事は、YouTuberを始めた僕がその後どうなったのか。

キーワードは「逆ナン」です!笑

どうぞお楽しみに!では、アデュー!

時給1700円のキャバクラのバイトを始めました。

f:id:yamamotosyouya:20170712115151j:plain

キャバクラバイトについて興味はありますか?

 

お久しぶりです。

 

約半年間ブログの更新をしていなかったボナ太です。

 

今回はタイトルの通り、新しいバイト(キャバクラ)を始めたことについて書いていきます。

と言っても、守秘義務的なところがあると思うので、キャバクラバイトの概要、アウトラインを述べていきたいと思います。

 

まず、キャバクラバイトと聞いて、何を思い浮かべるでしょうか。

夜の世界、水商売、豪華、派手、お金持ち、お酒、キレイな女性…etc

まあまあこんな感じじゃないですか?

 

で、実際のところはというと、まあそんな感じです(笑)

 

働き始めて驚いたことをあえて挙げるなら、コンパニオンとホールの間に「いじめ」が無かったということぐらいでしょうか。

ドラマなどの影響で、お客さんとの接客で溜まった鬱憤をホールに八つ当たりするイメージがありますよね。。。

 

でも、実際に働いてみると皆さん優しい方ばかりで、とても働きやすい環境と言えます。

 

労働環境と言えば、給料の問題。

時給1700円

こちらはさすが水商売というか、夜の世界というか。

かなりの好待遇だと思いきや、

 交通費は出ません。

いやそこケチるんかーーーい。笑

 

続く。

中学三年生の時、初恋を先生に邪魔された話①

学校の先生に恋路を邪魔されたことはありますか?
僕は中学校の先生に片思い?両想い?を邪魔されました。
そして、それから彼女にアプローチすることを禁じられました。
今回はそんな青春の甘酸っぱく切ないお話をします。

※あくまで自身の実体験に基づくお話です

 

遡ること、4年と8ヶ月前

僕が中学三年生の時の出来事。

記憶力の乏しい僕ですが、はっきりと覚えています。あの時の情景は今でもはっきりと脳内にイメージできます。

田舎の中学校

僕が通う中学校は広島県の小さな田舎にありました。

想像してもらうとしたら、辺り一面の田んぼや畑、たぬきに鹿や熊、人通りの無い道路、最寄り駅まで徒歩2時間半(もはや最寄ってない)、友達の家まで自転車で40分、コンビニは無く、もちろんスーパーも無い、そこで生活するなら車は絶対条件みたいなところでした。

 

その町の人口はおよそ3,000人。

年々、お年寄りの数は増加する一方で、子供の数は減少しています。

そのため保育所、小学校、中学校は1学年1クラス。

保育所数年間+小学校6年間+中学校3年間で計10年以上、全く顔ぶれの変わらないクラスの中、幼馴染が40人もいるような環境でした。

当然、四月にある恒例行事、みなが心踊らす『クラス替え』なんて経験したことがありませんでした。

一度でいいから味わいたかった、クラス替えのドキドキ感。

彼女いない歴=年齢

恥ずかしながら現在も彼女いない歴=年齢なのですが、当時中学三年生だった僕は彼女がいない現状にとてつもなく焦っていました。

風の噂で聞く回りの同級生達は、やれ彼女ができただとか、やれ彼女と一緒に帰っていたのを目撃しただとか、やれ手をつないだだとか、やれキスしただとか・・・

(風の噂と書いたが興味津々に自分から聞きに行った可能性アリ)

 

小学生の時はモテていた。特に小学四年生。

顔も悪くないし(少年っぽい顔だった)、やんちゃっ子でいわゆる小学生のモテ条件『足が速い』を兼ね揃えていたからだ。

f:id:yamamotosyouya:20170102192725j:plain

↑ 幼少時代のやまもとしょうや。ウケをねらう時「このまま行くと生田斗真コースだから!」は自身にとって定番の決まり文句。

 

それが小学校6年生でメガネをかけ始めた頃から、ばったりと僕のモテ期は止んだ。

絶対にメガネのせい。僕はそう思っている。

 

そして、中学1年生で坊主にした。

なぜなら、部活のレギュラーになるには坊主にして青春を部活に捧げるという意志を顧問に示さなければいけないからだ。

やむなく、僕のモテ期は完全に終了した。

「やまもと君、髪が長い方が絶対に良かった~」

などという声もちらほらと聞こえてきたが、そんなことはどうでもよかった。

僕は部活に集中していたからだ。

女の子に気に入られるよりも、顧問に気に入られたかった。

僕にとって部活は全てだった。

 メガネを止めてコンタクトに

しかし、中学二年生の時、今までのメガネを止めてコンタクトをつけ始めた。

理由は「モテたかった」ではなく、部活でメガネにボールが当たってケガをすることやメガネのフレームで視野が狭くなるなど、不便が多かったからだ。

 

初めて学校の友達や先生にメガネを外した姿を見せた。

割と好評だった。

するとどうだろう、自分に自信が持て、女の子とも気さくに話せる。

人生二度目のモテ期到来。

 

しかし、僕は硬派を貫いた。硬派を貫くと言うとカッコよく聞こえるが、正直好きな子がいなかったし、付き合って何をするのか全く分からなかった。それに、特定の女の子とだけ一緒にいる姿を見られるのはなんだか恥ずかしい。

 

また部活でもチーム一丸となって、次の大会に向けて燃えていた。

 

そんな訳で僕は『恋愛』とは全く縁が無かった。

(なんとなく手をつなぎたいとかキスしたいとかは思っていたけど。。。)

 

しかし、僕は彼女ができなくても、回りの環境は変わっていく。

「〇〇君と△△さんが付き合ってるらしいよ~」

とか

「俺、先輩と付き合ってんだよね~。ハグもした。てへへ。」

等々・・・

 

そして、僕の中にも焦燥感なるものが着々と芽生えているのを感じていました

ヤバい。ヤバい。

 

彼女が欲しい。

 

つづく

思いつきで洗濯すると大体後悔する。

f:id:yamamotosyouya:20161228235301j:plain

今日は昼過ぎに起きました。

いえ、ほんとのところは9時半に起きたのですが、二度寝を決め込みました。

全身筋肉痛でしたし・・・

というのも昨日の仕事納めで今年1番の肉体労働をしたからなんです。

 

で、起きた私がまず向かったのがトイレ。

昨日、寝る前にトイレに行っていなかったのか、それとも寝る前に水を飲み過ぎたのか。

そして、トイレに向かう途中パッと洗濯機の前の山積みになっている使用済みの衣類が目に入りました。

 

「あ、洗濯しないとな。」

 

トイレを出た後、弱アルカリ性の洗剤で洗うのか中性の洗剤で洗うのか悩みに悩み、最後はコスパを考えアルカリ性の洗剤ですすぎ1回で洗い始めました。

 

残り時間表示を見ると30分とあったので、朝食(午後2時)の準備に取りかかりました。

 

ペペロンチーノのソースが余っていたのを思い出して、パスタを茹でるために水を入れた鍋に火をかけました。

 

パソコンをしながら沸くのを待って、いざパスタを茹でようとしたその時

 

麺が無い

 

残されたのは沸騰した水だけ。

 

麺が無いんじゃパスタは食べようがないけど、この沸いた水を捨てたらここまでのガス代がもったいない。

 

ピカーン!!(頭の上に電球)

 

ひらめいた。ゆで卵や。

朝食からゆで卵や。

朝食はゆで卵オンリーや。

 

その時点で麺がないのに水を沸騰させたことと朝からゆで卵を食べることに半分嫌気がさしていたのですが、実際食べてみると案外悪くない

 

すると、洗濯機の方からピーッピーッと洗濯が終了した音が鳴りました。

 

洗濯物を干そうか干すまいか葛藤すること30分。

ようやく干す覚悟ができたので洗濯機の方へ歩き出しました。

 

かじかむ指で濡れた洗濯物を取り出し、干していると……

 

やっちまったよ。忘れてたよ、干すの。

 

メガネ拭きを洗ってなかったよ。

端から端まで鼻当ての皮脂を吸い尽くしたメガネ拭きをアラッテナカッタヨ。

 

靴下を洗ってなかったよ。

家にある最後の靴下アラッテナカッタヨ。

明日素足で行くのかよ。

 

洗濯は計画的に

洗濯を思いつきでやると十中八九後悔します。

だから皆さんは

気持ちよく洗濯して洗いたての気持ちのいい服を着ましょう。

中学生の頃自意識過剰だったなって今さら気付いた話

f:id:yamamotosyouya:20161227232818j:plain

近頃、懐古的になっているやまもとしょうやです(^^;

 

主に中高時代を思い返すのですが、中学・高校で共通して当てはまるのが自意識過剰だったなってことなんです。

 

いわゆる中二病ってやつです。

 

具体的には「世の中の人間(特に女子)は俺のことを注目している」と思っていました(笑)

 

例を挙げると、僕は中学三年生の時に合唱コンクールに参加しました。

※必ずしも中学二年生で発症しないと中二病という訳ではありません。

 

そこで他校の学生(特に女子)の前を通る時は「見られている」と思っていました。

だから、他校の学生(特に女子)の前ではできるだけスマートにカッコつけて歩いていたのを覚えています。

 

でも、今になって分かります。

 

無駄だったなと。

 

というか小学生の時から中二病予備軍だった

小学生の時は小学生の時で、「どこか宙に浮く目ん玉のようなものがあって僕を監視しているんじゃないか。で、僕がドジなことをしたらみんな笑ってるんじゃないか」と思っていました。

 

それをこじらせたから、中学三年生の僕が出来上がったんでしょう。

 

間違いないです。ええ。

 

まとめ

思い返せば顔から火が出るような恥ずかしい経験ってありますよね。

でも今恥ずかしいと思えるのって、昔に比べて今が成長しているからだと思うんです。

つまり、昔が無ければ、今は存在していなかった訳です。

だから、恥ずかしいことをしていた自分も含めて愛してあげてください。

めちゃくちゃ面白いブログを見つけたので考察してみた

今日はめちゃめちゃ面白いブログを発見しました。

僕が今まで読んだブログの中で1番おもしろかったです。

 

そのブログは1つの記事を読むと次の記事が読みたくて仕方なくなってしまうんです。

 

で、どの記事も最高に面白い。

 

内心、こんなに面白い記事を何個も続けて書けないだろうと思って、次の記事を読むのですが、それもまた面白い。そしてまたハズレ記事を探して次を読む。しかし面白い。そして次のハズレ記事を……。延々とその繰り返しです。

 

ですが、僕もブログを書く身です。他者のブログを褒めちぎっているだけではいけません。

ブロガーとして、皆さんに毎日「笑い」を届けなければいけない。

 

そこで、どうしてそんなに面白いのか研究しました。

 

面白い理由

①絵を挿入している

至ってシンプルな絵です。しかし、特徴をとらえているというか、要点を押さえているというか。シンプルだからこそ無駄な情報が入ってこない。simple is the bestとはよく言ったものです。また、挿入するタイミングも絶妙でした。

 

②自虐を用いている

本当に面白いブログなので、pageview数も半端ないです。(本人が公表していました)

しかも、ブログを始めてまだ1ヶ月というところがさらに驚きです。

なのに!

全くおごりたかぶる様子を見せません。

それどころか自虐を多用するのです!

なーぜー。

完全にリスペクトです。

僕だったら天狗もんですね(^^;

 

やまもとしょうや、見習います。

そのブログはほんとに面白いんです!

その面白さといったら、一晩で全記事を読み尽くしてしまうほど。笑

 

「あー、こんなブログを目指さないとな」

 

痛感しました。

自分の浅はかさを。

やまもとしょうやもっともっと高みを目指します!

面白いブログを書いていきます!!

クリスマスイブに不覚にも母からの電話に出てしまった話

f:id:yamamotosyouya:20161225233003j:plain

それは昨日のことでした。

 

クリぼっちの寂しさを紛らわすために好きなゲーム実況者の動画を見ていました。

 

すると突然、携帯の着信音が鳴って見てみると母親の名前が表示されているのに気付きました。

 

ここで僕の中には2つの選択肢がありました。

  1. 電話に出る

   メリット:何の用件かすぐに聞ける。また掛け直す必要が無い。

   デメリット:クリぼっちであることがバレてしまう。  

 

     2.  電話に出ない

   メリット:クリぼっちであることを隠せる

   デメリット:何の用件か分からないためモヤモヤする。

 

※筆者は不器用なため、電話に出て彼女や友達と一緒にいる演技はできないものとします。

 

えーーーーーーーーー。

どうするどうする俺。

 

といっても、早く電話に出ないと着信が切れてしまいます。

熟考するひまはありませんでした。

 

「もしもし~。メリークリスマスー。あ、うん。1人だよー。」

 

それからのことはよく覚えていません。

 

さらにその数分後、祖父からのメールが届きました。

 

「クリスマスは1人か~?欲しいものはないか~?」

 

なぜ決めつけるんだ。祖父よ。

なんでもかんでも的を射ればいいものではないぞ。祖父よ。

あと強いて言うなら彼女が欲しい。

 

俺は孤独と向き合いクリスマスを戦い抜いた。

この記事を書いているのが12月25日の午後23時なので、クリスマスも残すはあと1時間です。

 

何もなかったクリスマスでしたが、それではあまりにも不甲斐なさ過ぎるので、今の心境を俳句で表現させて頂きます。

 

ークリスマスー

 ーただ意味も無くー

    -韻を踏むー