読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界一笑えるブログ

広島出身。早稲田大学在学。世界一のブロガー、起業、マンガ家めざしてます。このブログのことを「世界一ブログ」と名付け、毎日笑えるブログを書いていきます。

千葉県の初日の出・初詣おすすめスポット

f:id:yamamotosyouya:20161215235932j:plain

来年の元日に友達と初日の出を見に行くことになり、初日の出を見に行くなら登山が大変な山頂で見るより、楽に行ける海岸がいいよねという話になりました。

そこで、いろいろ考えた結果、千葉県の海岸で初日の出を見ることになり、千葉県の海岸で初日の出を見るならどこがいいのか僕が集めた情報をもとにみなさんにおすすめの初日の出スポットと初詣スポットを紹介します。

千葉県

犬吠埼

日本で一番早い初日の出が見られる場所です。※山頂、離島を除く

また、犬吠埼に初日の出を見に来た人達でにぎわう満願寺というお寺で初詣もできます。

 

 車で行くのもいいですが、犬吠初日の出号に乗って行くのも年に1回の貴重な楽しみですね!

 

 大原

大原へは外房初日の出号で高尾や新宿から行くことができます。また大原は外房初日の出号が房総半島の海に面した地域の駅に初めて停車するスポットです。大原駅からは歩いて海岸に行くことができ、そこから初日の出を拝むことができます。

近くには七福天寺があります。初日の出を見に大原へいらっしゃったときには、七福天寺で初詣をされることをおすすめします。

 

千倉

千倉も外房初日の出号で高尾や新宿から行くことができます。そして千倉は外房初日の出号の終着駅、つまり終点です。千倉も同様に海に面した地域なので、歩いて海岸に行くことができます。千倉にいらした際には、高家(たかべ)神社に初詣されることをおすすめします。

 

千葉県で最高の初日の出and初詣を!!

どうでしたか?

年が明けて、その年最初の太陽の光を拝む。家族と見るもよし。大切な人や恋人と見るもよし。はたまた1人で見るもよし。とても大事なイベントです。
 
しかし、初日の出を拝むといっても、どこで拝んだらいいか迷うことありませんか?
山の頂上がいいのか、それとも海岸がいいのか・・・そもそもどこで初日の出を見ようと年明けに初めて太陽を見たらそれはもう初日の出じゃないか。どこで見たって大した差はないだろ。
 
いえいえ。場所によってはとても幻想的な初日の出を見ることもできるんです。

 

ぜひぜひ、初日の出を見るなら千葉県の海岸で!特に犬吠埼や大原や千倉で!!

SMAP解散。明石家さんまの番組に出ていた少年は今何を思うのか

f:id:yamamotosyouya:20160814045425j:plain

先程、SMAP解散の報道が出ました。

 

ついにか。という心情でございます。

 

SMAPについての最初の解散報道が出たのは今年の1月です。

そこから7か月間、最初の盛り上がりから比べると、

だんだん収束しているよう思えました。

ですが、事態は水面下で着々と悪化していったのでしょう。

ついに、今年の12月31日をもって解散することとなりました。

 

SMAPほどのスーパースターが解散するとなると

あまりにも規模が大き過ぎて、あまり実感が湧きません。

 

僕が生まれてくる前から存在し、

それからずっと世間を歌や踊りやドラマやバラエティで楽しませてくれた

あのSMAPが・・・。

 

SMAPに入りたいと願った少年

 

TBSの「さんま・玉緒のお年玉!あんたの夢をかなえたろか」という番組があります。

 

www.tbs.co.jp

 

一般人から叶えられそうにない夢を募集し

テレビ局が総力を挙げて、実現するという番組です。

一般人も夢を叶えることができ、

テレビ局も視聴率を獲得することができるという

両者にとってwinwinな番組です。

 

その番組で過去に

SMAPに入りたい」

と願った少年がいました。

 

あの少年は今、何をしているのでしょう。

そして、SMAP解散報道が出た今、何を思うのでしょう。

 

その少年のみならず、数えきれないほど多くの人達があこがれた

あのSMAPが解散なんて・・・。

本当に信じられません。

 

SMAPとして生み出せるもの

 

SMAPにはSMAPの問題があって

僕のような人間がとても口出しできるよう状況でないのは重々承知の上ですが、

あれほどの成功を収めたグループが解散するのはとてももったいないように感じます。

本人達も長い時間をかけ、考え抜いた先に導き出した結論だと思いますが、個人として活動することで生み出せるものよりも、SMAPとして活動し、さらに個人として活動することの方が生み出せるものが多い気がします。

このような単純な理論では収まりきらないほど、問題は悪化し、当人では無い人間が思ってもかなわないことなんでしょうけど・・・。

 

それでも、ものごころついた頃から、テレビの向こうで活躍し、楽しませてくれたSMAPには感謝しかないです。

 

年内まで、その5人の姿をしっかりと焼き付けたいと思います。

18歳で初めてジャンプを買った。ジャンプを買う習慣は親の影響により子供の頃に身につく!?

f:id:yamamotosyouya:20160813040230j:plain

本日、日付が変わって8/13日。

 

僕にとって記念すべき日である。

 

大学1年生の夏、

 

僕は初めてジャンプを買った。

 

ジャンプと言えばみなさんの思い浮かべるあれです!

 

そう!集英社が発行する週刊少年ジャンプです!

 

人生で初めてジャンプを買った時、なんとも言えない達成感を得ました。

 

そして、同時に思ったのが

店員 「Tポイントカードありますか?」

  僕   「はい」

店員 「270円になります」

 

ジャンプ安くね?

 

保育所の時、雑誌「小学1年生」を買った

 

もともと僕は週間漫画雑誌を買う習慣がありませんでした。

 

かろうじて買ったことがあったのは

 

僕がまだ保育所に通っていたときに、付録目当てで買った「小学1年生」だとか

 

小学4年生のとき、当時流行っていたアニメのハヤテのごとくの続きが見たくて買った「少年サンデー」

 

あとは、小学5年生で、ペンギンの問題が読みたくて買った「コロコロコミック

ぐらいです。

 

今、考えてみると、保育所のときに「小学1年生」を買ったり

言葉の難しさや内容の難しさから考えて、

読む順番は、

コロコロ→サンデーのはずなのに

それが逆だったりと、

 これはこれでレアケースな気もします・・・

 

しかし、ジャンプを買ったことはただの1度もありませんでした。

 

とてもじゃないけど、ONEPIECENARUTOBLEACHなどの王道マンガには目もくれませんでした。

 

しかし、親がそれらのアニメを見ていたこともあり、全くあらすじを知らないという訳ではありませんでした。

 

だから、ジャンプを買っていなかったからといって、特別、困ったことはありませんでした。

 

ジャンプを買う習慣は親の影響によるところが大きい

 

幼い頃から週刊漫画雑誌を読んでいる人というのは、親の影響が大きいと思うんです。

 

毎週、270円を払えるほどの経済力を持つ小学生は多くないです。

そんな状況で毎週ジャンプが読める小学生は、親が毎週ジャンプを買ってきてくれる小学生です。

 

また、国民的マンガ雑誌のジャンプと言えども、

小学生にはまだ、理解できない言葉もありますから、読んでいて分からない雑誌を買う小学生は、あまりいないでしょう。

 

したがって、小学生の頃からジャンプを読んでいる小学生というのは

 

親が毎週ジャンプ買ってきてくれて、何もしなくても、常に家にジャンプがある小学生ということになります。

 

常に家にあれば、

言葉が分からなくても、

暇なときパラパラとページをめくって分かるページだけでも読むことになりますから。

 

まとめ

 

僕の親はジャンプを読みません。

 また、僕の小学生のときの経済力では、

 絶対に270円の漫画雑誌を毎週は買えません。

 

だから、こうして気軽にジャンプを買えることになんだか感慨深く感じています。

 

ジャンプを買うような親じゃなかった

 小学生の時、270円の漫画雑誌を毎週買えるような経済は無かったという方、

 

今からでもでも遅くありません!

 

ぜひ、週刊少年ジャンプを買ってみてはいかがですか?

ポケモンサンムーン新情報発表。ナマコブシだけ扱いがひどい件について

http://www.pokemon.co.jp/ex/sun_moon/

 

昨日8/11、公式サイトで新たな「ポケットモンスター サン・ムーン」に関する情報が公開されました。

 

今回、新たに追加された情報は

  • ネマシュ
  • ヨワシ
  • ナマコブシ
  • ニャース(アローラのすがた)
  • ライチュウ(アローラのすがた)
  • ガラガラ(アローラのすがた)
  • グズマ
  • したっぱ団員たち
  • すごいとっくん

となっております。

 

ネマシュ、ヨワシ、ナマコブシは今作から新登場となるポケモンです。

 

その中でもナマコブシだけ、

 今回発表された情報を見ていて、扱いが他のポケモン達と違うことに気になりました。

 

ナマコブシ

 

http://www.pokemon.co.jp/ex/sun_moon/pokemon/160812_03.html

 

ナマコブシは一見、岩タイプのポケモンに見えて実はみずタイプのポケモンです。

 

かわいらしい見た目とは裏腹に間違えて踏むと

 口から出る内臓で殴り掛かられるようです。

 

そして新特性のとびだすなかみですが、

 相手のポケモンの技を受けて倒れたとき、 最後に残っていたHP分のダメージを相手に与えるというものです。

 

そして、今回の発表で斬新だなと思ったのが

 

このナマコブシ

 

人に気味悪がられている

 

ということです。

 

公式サイトではこのように書いてあります。

 

ナマコブシは、その見た目や生態から観光客には気味悪がられており、観光客向けのビーチでは、ナマコブシを海に投げるバイトが存在する。だが、遠くへ投げても、元いた場所に戻ってきてしまう。

引用元:ナマコブシ|『ポケットモンスター サン・ムーン』公式サイト

 

永遠にバイトに投げられる運命のナマコブシ。

 

ナマコブシはその場所が気に入っているだけなのに。

 

ナマコブシは何も悪くない。

 

悪いのは人間だ。

 

リゾートで余暇を過ごそうだか何だか知らないけど、そういうよそ者のせいでナマコブシ達がひどい目にあっているんだ。

 

かわいそう。不遇すぎる。

 

今までにも、臭いにおいを放つポケモンや見た目が不潔なポケモンはいました。

ですが、アニメでもゲームでもあからさまに気持ち悪がられているということはありませんでした。

 

サトシのベトベトンやその進化前のベトベタードガースヤブクロン、その進化形であるマタドガスダストダスだって

 

毒々しいビジュアルしてますけど、

 

みんなから敬遠されているという訳ではありません。

 

それに、サトシやオーキド博士ベトベトンとハグしたり、のしかかられたり、のしかかられたり、のしかかられたり・・・

 

と積極的にスキンシップをとっています。

 

また、ベトベターベトベトンドガースマタドガスヤブクロンダストダスは全て毒タイプのポケモンです。

 

毒タイプのポケモンであれば、みんなから気味悪がられてもおかしくありません。

 

しかし

 

今回発表となったナマコブシはみずタイプのポケモンです。

 みずタイプでさらにかわいらしい見た目なのに

観光客から気味悪がられ、

バイトに海に投げられる始末って

 

ひどくないですか??

 

決めました!

 

11/18の発売日にポケットモンスターサンムーンを買ったあかつきには

 

僕、

 

ナマコブシをパーティに入れて

 

殿堂入りします。

 

じゃないといたたまれないですもん

 

みなさんもどうかナマコブシを気にかけてやってください!!

新聞の営業さんにフラれた話

f:id:yamamotosyouya:20160811164136j:plain

みなさん、家に営業さんがセールスに来たことはありますか?

 

言葉巧みにデカい声で延々と話しかけてくるセールスマン。

 

正直、めんどくさいですよね?

 

相手も仕事のためで、好きでやってる訳じゃない。

 仮に自分がセールスをしているとすると、行く先々のお宅で乱雑に扱われるのは嫌です。

だから、相手の気持ちを理解し、愛想よく振舞おうとしてみるものの、延々と話しかけてくるものだから、自然と態度にめんどくさいオーラが出てしまう。

 

あえて、そのめんどくさいオーラを利用して営業さんを追い返すという方もいるかもしれません。

 

そんなことをしなくてもセールスをキッパリと断ることができれば、それに越したことはありません。

自分も買う気のない商品のセールスに割く無駄な時間を省けるし、

営業さんも買う気のないお客さんだと分かるなら、購入してもらえるように説得するエネルギーとセールスに割く時間を、買ってもらえる見込みのある他のお宅に回すことができるでしょう。

 

大阪人のセールス

その日、僕は昼の2時まで寝ていました。

起きて窓の外を確認すると太陽が空高く昇ってます。

ですが、その日は布団に入ったのが朝の8時でしたから、まだ6時間しか寝ていません。

当然、まだ寝ていようと2度寝を決め込み、布団にもぐりこみました。

 

すると、5分後くらいに

 

「ごめんくださーい」

 

インターホンも鳴らさずに、訪ねてくる者がありました。

 

以前、NHKが僕の家に営業しに来たことがあったので今回もそれだと思い、また「うちにはテレビが無い」と言って追い返さないとな~とまだ寝ていたい気持ちを抑え、なんとか起き上がりました。

 

すると、インターホンが鳴り

 

「すみませ~ん。新聞のお付き合いで来たのですが。」

 

とインターホンの向こうから聞こえました

 

新聞のお付き合い?なんだそれ?

 

とりあえず、まだ起きた直後でしたが、潔く返事をし玄関のドアを開けました。

 ドアの向こうには24,5歳くらいの背の低い、体育会系の若い男性が微笑んでいました。

 顔は織田信成に似ていました。

 

「すみません。お休みの日に」

 

「いえ。大丈夫です。」

 

「夏休みですか?」

 

「はい。」

 

「そうですか!大学生とか?」

 

「はい。」

 

「そっか!出身は?」

 

「広島です。」

 

「あー!俺も大阪!よろしくね!」

 

何が俺大阪なのか分かりませんでしたが(おそらく同じ地方出身という意味だと思うが)、そのまま質疑応答は続き

 

「夏休みの予定は?」

「彼女はいる?」

「サークルは?」

バイト何やってる?」

「18歳?」

「東京楽しい?」

 

一見、織田信成に似ていて好印象な営業さんでしたが、話を聞いているうちに、僕の私情にズカズカと踏み入ってくるもんですから、けったいな人だな~と思いました。

 

そして

 

「ところで、君は新聞とってる?」

 

突然、織田信成似の営業さんの目の色が変わり、セールススイッチが入るのが分かりました。

 

「いえ。とってないです。新聞読まないんで。」

 

「そっか~!じゃあ、4月から10月まで、毎日欠かさず新聞届けるからお付き合いで新

 聞とってくれないかな?」

 

「いや~でも僕、新聞読まないんで。」

 

「もちろん、6ヵ月間、新聞を読んでみて、いらないなと思ったら止めてもらってもか 

 まわないから!ね!お付き合いで!」

 

「いや~僕、新聞読まないからな~」

 

「就活にも役立つから!とりあえず新聞とっていただいて、就活までに情報をたくわえ

 て、それから止めてもらってもかまわないから!試してもらえないかな!?」

 

そして、3度目の「いや~僕、新聞読まないからな~」を言ったその瞬間

 

「OKでーす。あざーしたー。」

 

ガチャン。

 

閉まった扉の前で呆然と立ち尽くしました。

 

しばらく、その場から動きませんでした。

 

あれ?俺セールスされてなかったっけ?

 

なんで俺が断られたみたいになってんの?

 

俺……………フラれたの………?

 

これだけは言わせて

セールスって大変ですよね。

 

よくセールスやキャッチをしていると度胸が身についてナンパもできるようになると聞きます。

 

そりゃそうですよ。

 

見ず知らずの相手のところに行って、商品を購入するように説得する。

 

怪しい目で見られるでしょう。怪訝な顔をされるでしょう。不機嫌な態度をとられるでしょう。

 営業さんは心底、嫌でしょうね。

 ですが、これだけは言わせてください。

 

営業さんが嫌と思うのと同じぐらい、セールスされる側も嫌と思っているんです。

 

だから、もうやめません?

 

もう不毛な戦いはやめましょうよ。

 

インターネットが普及している時代に不自然ですよ。セールスなんて。 

ポケモンGOブーム収束。飽きる原因を追究してみた。

f:id:yamamotosyouya:20160810170919j:plain

 2016年7月22日に日本でリリースされたアプリ、ポケモンGO

 配信当初は外を出歩くと、ポケモンGOをしながら歩きスマホをしている人を見かけない日が無いほど、ブームとなりました。

 

ですが、最近ポケモンGOをめっきりやらなくなったという声を聞きます。

  

悲しいなぁ~

 

1人のポケモンファンとして

 

1人の 元 ポケモンGOユーザーとして・・・

 

え?

元?(笑)

 

はい。レベル10に達したところでキッパリとやめてしまいました(笑)

 

ポケモンGO自体のコンセプトは良かったんですけどね~。

 

空想上の生き物が現実世界で現れる。

 

特に今までゲームボーイやDS、3DSポケモンシリーズをプレイしてきた者の1人としては、とても良い刺激だったんですけどね~。

もちろん、今までのポケモンシリーズもおもしろいんですよ。

それに、今でもたまに3DSで遊んでます。ああいうコマンド制のバトルって、しばらくゲームをしていなくても、急に初めて、結構できたりしますから。

ポケモンのゲームがずっと人気な理由って、ゲームに飽きてしばらく経って急にやり始めても、それなりにできちゃうからだと思います。

 

ポケモンGOもその法則に当てはめると、また急にやり始めちゃうかもしれませんけど

 

いかんせん、飽きるのが早すぎた。

 

別にこれといった、ポケモンGOに飽きてやらなくなった理由はないんですけどね。

 

まあ強いて言えば、「ポケモンGOが『ポケモン初心者』向け過ぎた」ということですかね~

 

おそらく、ポケモンGOを共同制作したナイアンティックと株式会社ポケモンのターゲットのコンセプトは

 

広く浅く

 

これに尽きると思うんですよ。

 

おそらく、ピカチュウを知らない人はほとんどいないでしょうから

具体的に言うとマンキーあたりから知らない人達をターゲットにしてポケモンGOを作ったんだと思います。ターゲット予想もマンキーもあくまで憶測ですけどね(笑)

 

そしてポケモンGOが初心者向けに作られている」となると、必然的にヘビーユーザーのためのやりこみ要素が少なくなります。

 

それから、ヘビーユーザーは当然、マンキーの存在を知っています。

また、今までのポケモンのゲームで、マンキーはレアキャラという訳ではありません。探せばホイホイ出てきます。

だから、ポケモンGOの中でも、マンキーが出てきても、ことさらにゲットしたくなる衝動は起きないでしょう。加えて、今までのポケモンのゲームで何度もゲットしているので、ポケモンGOでもゲットした気になってしまいます。

 

他のポケモン(ポッポ、キャタピービードル)についても同様です。

 

したがって、ヘビーユーザーがポケモンGOから離れてしまうのです。

 

では、マンキーの存在を知らないライトユーザーはどうなのか。

彼らはもともと、ポケモンについて、たいして興味を持っていないので、身の回りのポケモンを一通り集めてしまうと、インストールした時の高い状態にあった興味がだんだん薄れてしまい、最後は飽きてしまいます。

 

まとめ

今回の記事で、ポケモンGOが飽きられている原因について究明しました。

 

ブームが過ぎて、初期の巷での混乱が落ち着き始めたポケモンGO

 

当初は何かと話題になっていましたが、ポケモンGOリリース初期に比べると、ユーザーが離れているのは自明の事実です。

 

この事実に対して、ナイアンティックと株式会社ポケモンはどのような策を打ってくるのだろうと調べてみると、どうやら今後のアップデートでポケモンの交換や対人戦が可能になったり、公式ジムリーダーが追加されるみたいです。

ですから、アンインストールするのはまだ早いようです。

 

今後のポケモンGOに期待しましょう!

漫画やアニメの実写化について原作者の立場から考えてみた

f:id:yamamotosyouya:20160809200356j:plain

 

先日(8/4)実写版銀魂の第2弾キャスト発表がありましたね!

 

銀さんこと坂田銀時役の小栗旬に加え

 

志村新八役:菅田将暉
神楽役:橋本環奈
志村妙役:長澤まさみ
桂小太郎役:岡田将生
平賀源外役:ムロツヨシ
土方十四郎役:柳楽優弥
沖田総悟役:吉沢亮
近藤勲役:中村勘九郎

 

という配役が新たに発表されました。

 

公式ホームページではまだ詳しい情報は発表されていませんが、随時チェックしていく必要がありそうです!

 

そこで、今回は漫画・アニメの実写化についてそれらの読者や視聴者の意見と漫画の原作者の意見を考察していきたいと思います。

 

よく、漫画やアニメが実写化される時

 

「実写化しないでほしかった」

「実写化できる訳がない」

「実写版は絶対見ない」

 

という意見を多く聞きます。

 

今回はこういった意見に対して、1人の漫画・アニメ大好き人間であり漫画家のタマゴでもある僕の見解を述べます。

 

結論から言うと

 

漫画の読者・アニメの視聴者と漫画やアニメの原作者のお互いが

 

わがまま

 

なんですよね。

 

なぜ、読者や視聴者のみならず、原作者までもがわがままなのか。

その理由を説明するため、この記事では、普段は取り上げられにくい漫画やアニメの原作者の意見に注目しながら書いていきます。

 

まず、漫画の読者・アニメの視聴者の実写化に対する否定的な意見。

 

具体的に彼らの好きな漫画・アニメが実写化する際に気に入らない点を挙げます。

  1. 世界観が崩れる
  2. 漫画やアニメは見ておらず、実写版から見始めた人に誤解されたくない
  3. 「2.」のような人がたくさん生まれることと彼らの原作に対する間違った認識を広められてしまう
  4. 世間に広く周知されてしまうという、漫画やアニメを初期から見ている人達の単純な嫉妬(特に漫画読者に多い)

 

一通り挙げるとこのような理由です。

 

「1.」の世界観が崩れるというのは、漫画・アニメでの表現(戦闘シーン等)は、いくら現代のCGの技術が発展しようと、完璧に細部まで表現するのは無理だということです。

 

「2.」の漫画やアニメは見ておらず、実写版から見始めた人に誤解されたくないというのは、いくら実写版のキャストの配役やセリフ・表現が原作に寄せていたとしても、キャラクターの個性や漫画・アニメならではの表現からは、多少または大きくズレてしまい、原作に対して間違った認識を持たれてしまうということです。

 

「3.」の「2.」のような人がたくさん生まれることと彼らの原作に対する間違った認識を広められてしまうというのは、ミーハーの出現と彼らの感想をSNSや口コミで発信されてしまうことに対する嫌悪感ということです。

 

「4.」の世間に広く周知されてしまうという、漫画やアニメを初期から見ている人達の単純な嫉妬(特に漫画読者に多い)というのは、自分だけ、あるいはごく一部の人達しか知らなかった漫画やアニメの存在が世間に知られてしまうことで、独占欲が満たされなくなってしまうということです。デビューしたてのアイドルを応援するファンの心境によく似ています。

 

では、次に漫画・アニメの原作者の実写化に対する肯定的な意見。

 

彼らに実写化の話が舞い込んで、実写化に踏み切る理由を挙げます。

  1. 自分が生み出した作品がより広く世間に知れ渡ることの喜び
  2. 自分が生み出した作品が漫画やアニメに加えて、ドラマや映画という新たな形の作品で誕生することに対する喜び
  3. 自分が生み出した作品が豪華俳優・女優陣や著名な監督によって、映像化されることに対する喜び
  4. 自分が生み出した作品が、カメラマン、照明、スタイリストなどの多くの人達の手にかかり、制作されることに対する喜び
  5. 連載期間中、長く苦楽を共にしてきた自分の作品が認められたことに対する喜び

 

こちらも一通り挙げるとこのような理由です。

 

「1.」の自分が生み出した作品がより広く世間に知れ渡ることの喜びというのは、漫画の読者層やアニメの視聴者層以外にも、ドラマや映画の視聴者層を獲得し、より広く世間に知ってもらえることの喜びというです。

 

「2.」の自分が生み出した作品がドラマや映画という新たな形の作品で誕生することに対する喜びというのは、自分が生み出した作品が漫画やアニメに加えて、ドラマや映画という新たな形の作品で誕生することに対する喜びということです。

 

「3.」の自分が生み出した作品が豪華俳優・女優陣や著名な監督によって、映像化されることに対する喜びというのは、テレビや雑誌で見た有名な役者や監督に、仕事として携わっていただけることに対する喜びということです。

 

「4.」自分が生み出した作品が、カメラマン、照明、スタイリストなどの多くの人達の手にかかり、制作されることに対する喜びというのは、カメラマン、照明、スタイリストなどの多くの人達が自分の作品のために懸命に制作に携わっていただけるということに対する喜びということです。

 

「5.」漫画を描くということは、とても大変なことです。作者によって工程は様々ですが、プロット作りからトーン貼りまで締め切りまでに仕上げなければいけません。また、担当編集者と何度もぶつかりながら、それでいて読者に満足してもらえるような漫画を描かなければいけません。長く苦楽を共にしてきた自分の作品が認められたことに対する喜びというのは、連載期間中、そういった困難を共に乗り越えてきた自分の作品が実写化に値し、世間に受容される見込みがあると認められたということです。

 

「6.」正直な話、実写化されるということは、それなりに報酬も弾み、原作者のもとに入るお金は莫大であると思います。それだけが、実写化に踏み切る理由ではないと思いますが・・・。

 

ここまで、漫画の読者・アニメの視聴者の実写化に対する否定的な意見と漫画やアニメの原作者の実写化に対する肯定的な意見を挙げました。

 

そして漫画の読者・アニメの視聴者と漫画やアニメの原作者の双方の言い分があることが分かりました。

 

お互いの欲が交錯して

 

漫画の読者・アニメの視聴者は快く実写化を応援できない。

 

漫画やアニメの原作者は是非とも実写化したい。

 

矛盾こそしていますが、お互いが作品を愛しているからこそ生まれた状況だと思います。

 

また、この状況を生む原因の一つに漫画家の性質が関係します。

 

漫画家は冒険家です。彼らの中には成功する者もいるし、失敗する者もいます。彼らは様々なリスクを背負って生きています。そんな冒険家達が実写化の話をみすみす手放すとは思えないのです。

 

もちろん、漫画の読者・アニメの視聴者を裏切らないためにリスクを冒さず、実写化しない漫画の原作者もいると思います。

 

また、必ずしも全ての漫画の読者・アニメの視聴者が実写化について否定的ではありません。実写化された作品が公開されるのを待ちわびている方達も大勢います。

 

まとめ 

漫画家は大変な職業です。先ほど、成功する者もいると言いましたが、身体的にも精神的にも、漫画家が冒すリスクに対して、それに見合った報酬は得られていないと言われています。

 

そういった漫画家の支えになっているのが漫画を読んでくれる読者であることは言うまでもありません。

 

読者がいてくれるから漫画家がいる。

 

だから、漫画家は読者のことを1番に考える必要があります。

 

また、読者は本当に面白い漫画を見つけ、今後もその漫画を読みたいのであれば、毎週漫画雑誌を買ったり、単行本を買ったりして漫画家を応援する必要があります。

 

そうすると

 

その応援活動の一環として実写化された作品を見るということも必要になってくると思います。

 

実写化する方が正しいのか

実写化しない方が正しいのか

 

どちらが正しいのかは言及しかねますが

 

漫画の読者・アニメの視聴者と漫画やアニメの原作者はお互いの意見を聞き

お互いが歩み寄ることが大切だと思います。